【豆乳プリン】牛乳不使用!豆乳・卵・砂糖だけで簡単おいしいレシピ

豆乳プリン 子育て
Pocket

プリンを作ろうと思ったら、牛乳が足りない!
アレルギーなどで牛乳が使えないけどプリンを作りたい

 

牛乳の代わりに豆乳でプリンって作れるの?

 

子どものおやつに簡単プリンを作ろう~と思ったら牛乳がなかったので、買い置きの豆乳で代用してチャレンジしてみました。

 

牛乳で作ったプリンと比べると口に入れたときはさっぱり、あとからプリンらしい卵の味もしっかり感じられて思った以上に美味しいプリンに!

豆乳、卵、砂糖の3つの材料があれば出来るとっても簡単なレシピなのでぜひ作ってみてください。

小さい子のおやつ向けに甘さ控えめにしています。

 

オーブンや蒸し器は使わず、フライパンで簡単に。
材料も「卵黄だけ」などの手間や、生クリーム・バニラエッセンスなどお金のかかる材料も一切なし。プリンに「す」が入らないコツも紹介しています!

 

 

スポンサーリンク

豆乳プリンの作り方

豆乳プリン

材料3つでできる簡単豆乳プリンの作り方を紹介します。

 

手抜き+子ども向けにカラメルなしで作っています。

 

材料(3~4人分)

  • 卵 2個
  • 砂糖 30g
  • 豆乳 250㏄

 

【参考にしたレシピ】
・卵 3個
・砂糖 70g
・牛乳 400㏄甘さ控えめにしたかったので砂糖を半量近く減らしましたが、子どもと食べるおやつとしてはこれで十分な甘さだと思いました。お好みにより調整してみてください!

 

 

作り方

1.卵と砂糖をボウルに入れて、泡立てないように混ぜる。

2.豆乳を加えて混ぜる。

3.ざるや茶こしなどで濾しながら器に分けてそそぐ。

 

4.大きめのフライパンにプリン液を入れた器を並べて、器の半分ほどの高さまでフライパンに水を注ぐ。

5.フライパンにふたをして中火で火にかける。

6.温まってきたら沸騰しないように弱火にする。

ふたからの水滴が入らないように、ふたをふきんで包む、器に一つずつアルミホイルをかぶせるなどしても。
私は面倒なので、ふたを少しずらして角度をつけ、開けるときに水滴が入らないように気を付けました(雑)

7.傾けたりして様子を見ながら、固まってきたら火を止めて余熱で火を通す。

8.粗熱を取って、冷蔵庫で冷やす。(室温のままでもOK)

 

豆乳プリン

できあがり!

 

 

プリンに「す」が入らないようにするコツ

プリンの失敗といえば、すが入って固くぼそぼその食感になることが多いのではないでしょうか?

すが入らないようにさえ気を付ければ、同じ材料でも驚くほど別物のプルプルなめらかなプリンができますよ!

私はプリン作り失敗続きで苦手意識があったのですが、下の2つを気を付けたらとっても上手にできました。

 

泡立てないように混ぜる

プリン液に空気を含ませると「す」が入る原因に。

 

火加減は弱火で!

温度を上げ過ぎると、プリン液の中の水分が沸騰して細かい穴(す)ができてしまいます。

卵が固まる80度まで温度が上がったら、沸騰させないよう弱火でじっくり固めるのがポイント。

 

 

スポンサーリンク

まとめ:牛乳なしでおいしい豆乳プリンが作れます

上のレシピで初めて作った豆乳プリン。

乳成分不使用なので、プリンらしいコクやまろやかさは控えめでさっぱりした口当たりではありますが、我が家の子どもたちや夫には大好評でした!

牛乳がなく失敗覚悟で豆乳で代用したので、思いのほかおいしくできてびっくり。

 

牛乳がないときや、ヘルシーおやつを作りたいとき、豆乳消費などにぴったりな豆乳プリンレシピ。

ぜひ作ってみてください◎

 

 

▼おすすめ本「材料4つで本当においしいお菓子」

コメント