【バッラリーニフライパン26cm購入レビュー】メイン使いしたいならここに注意!

キッチン用品
Pocket

先日、バッラリーニのフライパン26cmを購入しました。

グラニチウムコーティングの使い心地や見た目などとても気に入っているのですが

バッラリーニのフライパン26cmを実際に使ってみてわかったこと、ここがちょっとなぁ・・・という点がいくつかあるので忖度なしでレビューします。

 

  • バッラリーニのグラニチウムコーティングフライパン26cmの使い心地、サイズ感などを知りたい
  • 買ってよかった?
  • イマイチなところはある?

など、購入しようと思っているけど実際に使ってみてどうだったか知りたいという方に、購入前にぜひここは確認してほしい!というポイントがあるので参考になれば幸いです。

 

 

我が家のフライパン選びの前提

我が家では

  • メインのフライパン(26cm)
  • ちょこっと使いの小さめフライパン(20~22cm)

の2本を使っていて、今回はそのうちのメインフライパンを買い替え。

4人家族でメイン使いのフライパンと言えば26cm、28cmがよく選ばれるサイズだと思いますが、結婚して夫婦2人暮らしのときからメイン料理を焼いたり炒めたりするのに26cmで問題なく使っていたのでそのままの大きさで。

 

何でも迷ったら持ち物はコンパクトにしたいタイプ。
ふたもそのまま使えるしね!

 

カレーや煮物などはストウブの鍋で作るので、とにかく焼く・炒める作業に特化した大きめのフライパンとして選びました。

 

フェラーラに決めた理由

テフロン加工に比べて強度が高く有害物質を含まないグラニチウムコーティングに惹かれてバッラリーニのフライパンを初めて購入することに。

 

グラニチウムコーティングの製品には「トリノ」「ローマ」「フェラーラ」「パヴィア」の4種類があるのですが

比べてみて購入したのがフェラーラ、サイズは26cmです。

 

▼バッラリーニのグラニチウムコーティングフライパンについてはこちらの記事で詳しく書いています。

 

 

バッラリーニフライパン26cm <フェラーラ>

・IH対応
・樹脂ハンドル
・サーモポイント機能
重さ:0.9kg
価格:5,940円


4種類とも、グラニチウムコーティングの品質やフライパンとしての性能はどの製品も変わりません。

それを踏まえて、フェラーラに決めた理由は以下の通り。

  • IH卓上コンロでも使いたいので、IH対応のトリノかフェラーラ
  • 樹脂ハンドルで軽量
  • 価格が安い

 

一番の理由は【TRY ME PRICE】というキャンペーンで定価5,940円のところ30%オフの4,158円で購入できたから!

公式サイトでは定期的にキャンペーンが行われています。
フェラーラやパヴィアがお安くなることが多いみたい。
楽天のツヴィリング公式サイトもチェックしてみてください。


ZWILLING J.A. HENCKELS楽天市場店

 

 

 

バッラリーニフライパン26cmフェラーラを使ってみたレビュー

ここからは実際に使ってみたレビューです。

まず手に持ってみて、思ったよりかなり軽い!!

フライパンの高さが低くスタイリッシュな雰囲気。御影石風のグレーの色合いがお洒落です。

 

届いて早速餃子を焼いてみました。

水分がなくなってからフライパンをゆすってみるとスルスル動く!
(・・・新品だから当然か。笑)

 

26cmで餃子20個を一度に焼けるサイズ感です。

 

くっつかないと快適!美味しくパリッと焼けました◎

 

フェラーラ26cmのサイズ感

これまで使っていたウルシヤマ金属のミラージュ26cmと入れ替えました。

同じ26cm径ですが、淵の反り部分がなくスッとしたデザインなのでやや小さく感じます。

そのぶん底の面積はしっかり確保されています。

 

サーモポイント

フェラーラのみに搭載されている機能、サーモポイント。

正直なくていいかな・・・

逆に汚れやすかったりする?と心配だったんですが、そんなこともなく。

デザイン的にもない方がシンプルだけど慣れると特に気にならないです。

 

 

メリット

使ってみて感じたメリット、3点あります。

 

軽い

前に使っていたミラージュも980gなので100gも変わらないはずですが、とても軽くて扱いやすいです。

 

収納性が良い

フライパンはコンロ下の引き出しに立てて収納しているんですが、ミラージュは柄が長くて思った場所に置けず困っていましたが

フェラーラは持ち手の長さが短めなので収納しやすくなりました!

 

 

フライパンの内側にハンドル接合部が出ていないのが快適

大抵のフライパンには内側(調理をする面)にハンドル接続のためのボタン状の突起が出ていますよね?

そこに食材などがこびりついたり挟まったり・・・洗うときに面倒だしなんとなく不衛生な気も。

バッラリーニグラニチウムコーティングの樹脂ハンドルの製品(フェラーラとパヴィア)は、フライパンの内側に突起が出ていません!

 

地味だけど、個人的には調理や洗い物が快適になったのでとても良かったです!

 

 

デメリット

購入して感じたデメリットを紹介します。

2点ありますが、1つめが大きいのでこの点がクリアできるかチェックして購入検討をおすすめします。

 

深さがあまりなく、チャーハンや焼きそばがこぼれる

 

購入を検討している人に一番伝えたいのはコレです!

見た瞬間に「あれ?なんか浅い!?」と思った違和感が当たりでした・・・

 

フライパンの深さがなく、同じ26cmといえども容量がかなり小さく感じます!
炒めたり混ぜたりするのが難しく、こぼれやすいです。

 

今まで使っていたミラージュとの比較にはなりますが、26cmで大人2人幼児2人分のチャーハンや焼きそばを普通に作れていたのが、フェラーラ26cmだととても無理。

チャーハンだとごはん少なめ、焼きそばは野菜と麺を別炒めで、麺に味をつけてから野菜と混ぜるという何とも面倒なことに・・・

 

高さが低いだけでなく淵に返しが全くないので、基本的に『混ぜる作業』自体が向いてない形状です。

 

持ち物はできるかぎり少なくしたいので、メインのフライパンはこれ1本で、焼く、炒めるをすべてまかないたかったのですが

これから子どもたちが大きくなって一度に作る量も増えてくるので、炒める系の料理には対応できなくなってくるかなと思います。

 

ただでさえバタバタとごはんの準備をしているのに、こぼれそうになりながら炒めることほどストレスはない・・・

 

薄めでスタイリッシュで見た目はカッコいいけど、快適に調理するためには適度な容量が必要ということがよくわかりました。

 

すごい批判的になっちゃいましたが、用途と調理する分量(何人分か)を確認して、下記のような使い方であれば問題なく快適に使えると思います。

 

・食材を動かさずに『焼く』調理はもちろん問題なし
底の面積も大きめだし、高さが低い分ヘラでひっくり返したりするのはむしろやりやすいです◎
大人2人分くらいの分量なら、この26cmのサイズでオールマイティーに使える

 

 

フライパン裏側に焦げ色がつく

購入前のクチコミでも目にしていましたが、御影石風の明るいグレーのおかげで火があたる部分に焦げ色がついて取れなくなるようです。

使い始めて約2ヶ月で、だんだん茶色っぽく目立つようになってきました。

今のところ食器と同じように洗剤とスポンジで洗っているだけなので、近々気合いを入れて焦げ落としにチャレンジしてみようと思います。

 

 

もう一度買うならコレ!バッラリーニの深型フライパン

子育て期にパパっと作れて重宝するチャーハンや焼きそばが作りにくいのは結構ショック・・・

 

ということで、バッラリーニのフライパン26cmを検討している方で4人分以上の炒めものも余裕を持って作れるフライパンを求めている方におすすめしたいのが

バッラリーニ深型フライパン28cmです!

 

深型フライパンの存在は知っていました。

どうも人気みたいだということも。

 

かさばるのがイヤで深型フライパンは全く検討していなかったのですが、公式サイトの深型フライパンの説明を見ると・・・絶対こっちだったな、と(悔)

 

 

具材を炒めてから煮込むまで、深型ならこれ一つで調理することができます。
特に煮込みハンバーグ、カレーやチャーハン、焼きそば、野菜炒めなど水分の多い料理や調理中に食材を動かす料理に活躍します。
また、野菜の下茹で、パスタなどは鍋よりも少ない量の水で仕上げることができるので、効率よく時短にもなります。

焼く・炒めるはもちろん、煮る・揚げる・蒸すまでができるので、深型は料理のレパートリーがぐんと広がります。

(引用:ツヴィリング公式サイト フライパンの選び方より)

 

もう一度買うなら断然こっち!

 

 

深型フライパン28cmのスペック

バッラリーニの深型フライパンは24cmと28cmの2つのサイズがあります。

メイン使いの26cmフライパンの代わりとして選ぶとすれば、

4人分の焼きそばを作れる容量
4人分のハンバーグが焼ける面積

をどちらも満たしてほしいので、ちょっと大きいですが私なら28cmを選びます

 

他のトリノ、ローマ、パヴィアにも深型フライパンがラインナップされていますが、深型になるとさらにお値段も上がるので個人的にはやっぱりフェラーラがいいかなと。

 

バッラリーニ深型フライパン28cm <フェラーラ>

・IH対応
・樹脂ハンドル
・サーモポイント機能
重さ:1.0kg
価格:7,810円

気になる深さですが、公式サイトには明記されていなかったので日本正規品取り扱いとあったAmazonの製品情報によると

フライパン26cm:4.2cm (※28cmは4.4cm)
深型フライパン28cm:6.6cm

 

深型フライパンの方が2cm以上深く、なおかつ6.6cmというとめちゃくちゃ深いわけでもないのでとても使い勝手が良さそう!

(参考までに・・・今まで不自由なく使っていたウルシヤマ金属ミラージュ26cmの深さは5.5cmでした)

 

重さも、フライパン26cmと0.1kgほどしか変わらない1.0kgなので負担になる重さではなさそうです。

 

今ならフェラーラシリーズ30%オフになっていて、深型フライパン28cmも定価7,810円が5,467円で購入できますよ!

 

※バッラリーニの製品は定期的に割引キャンペーンが行われていて、定価より30%オフなどのお得な価格で購入することができます!

フェラーラやパヴィアがお安くなることが多いようです。
楽天のツヴィリング公式サイトもチェックしてみてください。


ZWILLING J.A. HENCKELS楽天市場店

 

 

以上、バッラリーニのフライパン26cmの購入レビューと使ってみて気になったポイントをご紹介しました。

 

見た目やコーティングの使用感などはとてもよかったのですが、思ったより薄くて炒めたり混ぜたりするとこぼれやすいのが難点だったので、私と同じように家族4人分のチャーハンや焼きそばを作るのにも使いたい!という方には深型フライパンの方がおすすめですよ~という内容でした。

 

バッラリーニのフライパンはおしゃれで高品質、使っていて気分が上がるキッチンツールであることは間違いないので、気になる方はぜひ使ってみてください!

 

 

コメント